母Mと息子Sの学習キロク

母Mと息子Sの学習キロク

夫の在宅率上昇に伴い、PCをいじりまくれる率が下降したため、更新ペースが落ちています。

【スポンサーリンク】

ベーシック数学、旧作と新作をゆるく比較。 ~コミュニケーション英語・他 200527水曜・200520水曜 高校講座テレビ

 

先週5月20日分が薄い内容なので、今回に統合して記載。

 

 

水1:ベーシック数学

第29回 関数とグラフ 1次関数

【今回学ぶこと】
今回から、グラフが登場します。実際にグラフを書いてみましょう。グラフを書くためには、座標を覚えないと…。ちょっと難しいですね。でも、座標を理解するにはクレーンゲームをイメージすると理解しやすいかも…!

【学習のポイント】
(1)座標とは
(2)1次関数とは
到達目標:1次関数のグラフを書くこと

 

  • 久しぶりに倍速再生をせずにしっかり視聴してみた。
  • 2020年新作のベーシック数学よりもわかりやすいような気もしたが… 
  • 座標についての説明シーンのみ、息子が興味津々に見ていたが、グラフを書き始めたら飽きてしまった様子。

NHK高校講座 | ライブラリー | ベーシック数学 | 第29回 関数とグラフ 1次関数

3問正解

 

水2:数学

第29回 第3章 三角比 余弦定理

余弦とは、コサインのことでしたね。
つまり、△ABCにおいて、cos A,cos B,cos C を使う定理です。

 

  • 正弦定理も加法定理(数学2の範囲)も覚えていたのに、余弦定理については全く覚えていなかった。解説を見ていたら思い出したし、問題も解けたが。 
  • 2=b2+c2-2bccosA
    2=c2+a2-2cacosB
    2=a2+b2-2abcosC

NHK高校講座 | ライブラリー | 数学�T | 第29回 第3章 三角比 余弦定理

3問正解。

 

【スポンサーリンク】
 

 

水3:ベーシック英語

第29回  どっちがいい?

■不規則な比較級・最上級
■比較級と最上級を使ったいろいろな質問

 

  • best better/ worse  worst
  • よく使う表現ほど不規則活用する法則な‥
  • worse のもともとの意味は「混乱させる」。war と同じ語源。
  • というように、good、well、bad、illには比較級・最上級がなかったため、独立して別の語として存在していたbetterなどを便宜的に宛がった、という語源だそう。
  • Eテレの英語番組は、外国人に「好きな寿司ネタ」をインタビューするのが好き(使い回し?) サーモンが1番人気。
  • best before date 賞味期限

NHK高校講座 | ライブラリー | ベーシック英語 | 第29回 どっちがいい?

3問正解。 

 

 

 

 

水4:コミュニケーション英語1

第29回 Lesson 9 物について補足説明しよう

きょうの目標:情報を付け加えて詳しく説明することができる
 ・名詞を後ろから修飾して補足説明するwhich
 ・関係代名詞that
後置修飾、関係代名詞which

 

  • ケンたちが沖縄へ。
  • 「高校講座」を見比べていると、講座によって、制作予算がそこそこ潤沢か、そうでないか、がわかってくるような…
  • 火災に遭う前の首里城。2017年に収録とのテロップ。これは貴重な映像。
  • 『海から豚がやってきた』
  • 沖縄出身のハワイ移民たちとの間のエピソードについて。これは初めて知った話。
  • During World War II, the battles in Okinawa changed the lives of the people on the islands.
    Many of them were killed, and many houses and farms were lost.
    Okinawa also lost a lot of pigs which were raised there.
    They were an important source of food.
    As a result, many people suffered from hunger after the war.  
  • In Hawaii, there were a large number of Japanese-Americans who worked on farms.
    Many of them were Uchinanchu, or people from Okinawa.
    They heard of the terrible situation in their homeland from a soldier who came back from Okinawa.
    It was a shock to them that people back home were so hungry.
    Therefore, they decided to send pigs there.
    With great effort, the Uchinanchu in Hawaii collected money for the project.
  • The important duty of taking the pigs to Okinawa was left to seven Uchinanchu.
    They flew to San Francisco to buy 550 pigs.
    Then they crossed the Pacific Ocean by ship taking care of the animals.
  • After several months, they reached Okinawa.
    Their journey was successful because the pigs saved the lives of the people who survived the war.
    Moreover, it deepened the relationship between the Uchinanchu in Hawaii and in Okinawa.
  • 「海から豚がやってきた」記念碑について/沖縄県

NHK高校講座 | ライブラリー | コミュニケーション英語�T | 第29回 Lesson 9 物について補足説明しよう

3問正解。

 

 

=================================

先週分 ↓

 

水1:ベーシック数学

第28回 2次方程式 おさらい(5)ドラマ編 タイムカプセルからのメッセージ ~解の公式~

2次方程式を解く方法は? これを思い出しながら事件を解決していきます。一筋縄では解決できない事件。2次方程式も同じです。一筋縄では解決できない2次方程式。それを最終的に解決してくれる便利な公式、「解の公式」の出番です。

 

  • おさらいドラマの回。脚本に無理があるぞ… 高校の化学部に所属していたような38歳が、二次方程式を解くことができないだと‥?

NHK高校講座 | ライブラリー | ベーシック数学 | 第28回 2次方程式 おさらい(5)ドラマ編 タイムカプセルからのメッセージ 〜解の公式〜

3問正解

 

水2:数学

第28回 第3章 三角比 正弦定理

正弦とはサインのことです。このサインを使った定理が正弦定理です。今回は、覚えて → 使って → なぜ成り立つ? の順で学習します。

 

  • 便利な正弦定理。

NHK高校講座 | ライブラリー | 数学�T | 第28回 第3章 三角比 正弦定理

3問正解。

 

 

 

水3:ベーシック英語

第28回  「いちばん!」って伝えたい

■estをつかって「一番」を英語で言える
mostをつかって「一番」を英語で言える

 

  • 比較級と最上級の表現の基礎。

NHK高校講座 | ライブラリー | ベーシック英語 | 第28回 「いちばん!」って伝えたい

3問正解。  

 

 

 

水4:コミュニケーション英語1

第28回 Let’s Listen 買い物してみよう

きょうの目標:買い物をすることができる
 ・買い物でよく使われる表現
 ・値引き交渉などで使う表現
数字の聞き取り、買い物の場面でよく使われる表現

 

  • I’m just looking.

NHK高校講座 | ライブラリー | コミュニケーション英語�T | 第28回 Let’s Listen 買い物してみよう

3問正解。

 

 

 

東南アジアの歴史って詳しく勉強したら実は相当おもしろいんじゃないか? ~東南アジア 200522金曜 高校講座テレビ

  

人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】

金1:化学基礎

第28回  指示薬とpHの測定

リトマス試験紙は、色が変わることで水溶液が酸性か塩基性か調べる試験紙です。さらに詳しくpH を測定するには、pHによって色が変わる薬品(pH指示薬)やpHメーターを使います。

 

  • リトマス試験紙・・・酸性で赤色、塩基性で青色。
  • BTB溶液・・・酸性で黄色、中性で緑色、塩基性で青色。
  • pH指示薬酸塩基指示薬ともいう。溶液pHで特有の色を示す物質。pH指示薬にはいろいろな種類があり、指示薬によって色の変化するpHの範囲(変色域)が異なる。
  • 測定するpHによって、そのpHに適したpH指示薬を選んで測定する
  • pHが3付近…メチルオレンジ
    pHが7付近…BTB
    pHが9付近…フェノールフタレイン 
  • 万能pH試験紙:数種類のpH指示薬をミックスしてろ紙に染み込ませ乾燥させたもの。pH1から11までおおよそのpHが測定できる。溶液を浸した試験紙の色と、pHごとの色見本になっている比色表の色とを比較してpHを調べる。
  • pHメーター電気的にpHを測定する。測定する溶液の中に電極を浸して、pHを調べる。
  • レモン→pHは2~3くらい。強い酸性。クエン酸。酸っぱいと味覚で感じる。
  • リンゴ→pH3くらい。クエン酸を含む。
  • こんにゃく→pH約11。製造時に石灰を加えて塩基性にするため。
  • 発酵食品の醤油やヨーグルト→pH4から5。
  • ヒトの涙→pH8から9
  • ヒトの汗→㏗5から6。
  • 酸性雨:大気中の汚染物質が自然の雨に溶け込んで、酸性(pH5.6 以下)になった雨。
  • 空気中の二酸化炭素CO2は、水H2Oと反応して炭酸H2CO3になる。
  • 汚染物質。大気中に放出された硫黄酸化物 (石炭や石油などに微量に含まれている硫黄を燃やすと発生する二酸化硫黄SO2)や窒素酸化物 (石炭や石油が高温で燃焼する際、空気中の窒素と酸素が反応して発生する一酸化窒素NOなど)。
  • →これらの一部が化学反応を起こしてできた硫酸H2SO4硝酸HNO3なども原因。

NHK高校講座 | ライブラリー | 化学基礎 | 第28回 指示薬とpHの測定

3問正解。 

 

金2:物理基礎

第28回 第2編 さまざまな物理現象とエネルギー 弦楽器の音を調べる ~弦の振動~

音叉を叩くと決まった音程の音が出る。ギターの弦をはじくと決まった音程の音が 出る。物体には固有振動数というその物体が揺れやすい振動数があり,音叉やギ ターの弦はこの固有振動数で振動している。この音の高さ(振動数)はどうやって 変えるのだろう。弦の振動を例に学んでいこう。弦に定常波を生じさせ,振動数と 波長の関係を調べ,音程を変える方法を考えてみよう。

 

  • 固有振動:材質や形状で決まる特定の振動数。その時の振動数を固有振動数という。
  • 共振・共鳴外からその物体の固有振動数と同じ振動を与えると、その物体は大きく振動したり音を出したりする現象
  • 弦を固有振動数で振動させると定常波ができる。この定常波には腹が1つや2つ…
  • 基本振動:腹が1つの振動。
  • 2倍振動:腹が2つの振動。
  • 3倍振動:腹が3つの振動。
  • 倍振動:基本振動の整数倍の振動をまとめて倍振動という。
  • 倍音:倍振動による音。
  • 音色を決める様々な振動数→基本振動や倍振動
  • v = fλのvが一定であるとき(弦の状態が変わらない)、振動数が2倍、3倍になると、波長λは1/2、1/3になる。
  • 弦を弾いたときに出る音の振動数は、弦の固有振動数によって決められる。
  • ⇒弦の固有振動数は、弦の長さや太さ張力などによって決まる。
  • 弦の特徴と固有振動数の関係。
    (1) 弦の太さが細いほど固有振動数は大きい
    (2) 弦の長さが短いほど固有振動数は大きい
    (3) 弦の張力が強いほど固有振動数は大きい
  • ⇒以上を利用して音程を変えることができる。
  • 例えば‥‥(2)は弦を指で押さえる。
  • (3)はチューニングの時に、弦の張り具合を変えることで音の高さを決めることができる。

NHK高校講座 | ライブラリー | 物理基礎 | 第28回 第2編 さまざまな物理現象とエネルギー 弦楽器の音を調べる 〜弦の振動〜 

3問正解。 

 

 

金2:世界史(新)

第6回 東南アジア世界の形成

東南アジアは、大陸部と群島部とに大きく分かれ、それぞれ特徴のある自然環境と気候風土、そして文化をもっている。またインド、中国という大文明の間に位置し、大きな輸送力をもつ船によって、両文明間の海上交易の重要な中継拠点としても栄えた。今回は、さまざまな文明や宗教が伝えられるなかで独自の文明を築いてきた東南アジアの歴史の動きを、そこで取り引きされた有力な商品や大規模な宗教建造物に注目してみていく。 

 

  • インドの地名や人名は、日本語的感覚からすると発音しにくい長音や撥音が多い……。
  • 東南アジア。インド洋、南シナ海の中間の海域。古くから海上交易の中継点として栄えた。
  • 扶南1世紀から7世紀にかけてインドシナ半島で栄えた国。
  • ベトナムオケオ遺跡‥‥現在のベトナム南部。発掘調査によって、古代ローマ(2世紀ごろ)からもたらされた金貨、後漢時代の銅鏡などが発見された。神殿や倉庫などの建物や、水路、公衆浴場の跡も出土。古代インド文字で「貴重品」「注意」などと書かれた荷札も。
  • 1世紀末、西・ローマ~東・中国にいたる海のシルクロードと呼ばれる交易ルートがあった。オケオはその重要な中継地点。
  • 商人達は季節風モンスーンを利用した。帆船。ジャンク船、ダウ船。
  • 季節風夏は海から大陸に向かって吹き、冬は大陸から海に向かって吹く風。
  • アラブ商人やインド商人は夏季節風にのって西から東南アジアへ。
  • 中国商人は冬季節風にのって中国から東南アジアへ。
  • インドシナ半島のある大陸部は雨期と乾期に分かれる熱帯モンスーン気候。稲作に適している。
  • たくさんの島々からなる群島部のほとんどは、一年を通して雨の多い熱帯雨林気候。人が生活するには厳しい環境。高地と低地、海岸地域と内陸地域など多様な自然環境。
  • 豊かな植生。他地域には見られない特産物。胡椒モルッカ諸島でのみ生産されたクローブなどの香辛料。ナツメグ、中世ヨーロッパの高級料理⇐これらを求めて、ヨーロッパからも商人たちが訪れた。 
  • 香辛料は薬として珍重され、肉の臭みを取ったり腐るのを防いだりするのに使われた。莫大な富を生み出すことに。
  • 15世紀~大航海時代以降、ポルトガル、スペイン、オランダが香辛料を求めて進出。
  • 4世紀ごろから、東南アジアで王国が成立するようになる。インドの影響。交易が盛んになると、インドからは商人だけでなくバラモン達も渡って来たため。バラモンは王を権威づける儀式を執り行い、その地位を確立させた。王権思想
  • シュリーヴィジャヤ王国7世紀以降。群島部の強大な国家。マラッカ海峡を挟んで成立。マレー半島スマトラ島。
  • シュリーヴィジャヤ王国によってマラッカ海峡の通行が安定すると、輸送量が増え、海上交易の拠点として発展する(オケオは衰退)。
  • インドから大乗仏教が伝わる。インドからはヒンドゥー教も。数多くの巨大な宗教建築が建造された。
  • シャイレーンドラ朝8世紀、ジャワ島に成立。いくつもの重要な宗教的建造物が生まれた
  • インドネシアボロブドゥール寺院。階段ピラミッド状の構造で、一辺は120m、建造時の高さは42mもあった。仏教を信仰し厚く保護したシャイレーンドラ朝の王が造らせた。最上階は、悟りを得た者の世界を表しているといわれる。
  • ブランバナン寺院。ボロブドゥールの約100年後、ジャワ島に建造された。ヒンドゥー教の寺院。
  • ボロブドゥールもブランバナンも、インドの影響を受ける以前のジャワ島で信仰された山への信仰の名残がある。石を階段状に積み上げ、最上部に崇拝の対象を置く構造。
  • ラーマーヤナに基づく物語。ワヤン(影絵)。舞踊。

NHK高校講座 | 世界史 | 第6回 東南アジア世界の形成

3問正解。

 

 

 

金3:地学基礎

第28回 第4編 私たちの空と海・地球のこれから 地球の熱収支

地球は太陽からエネルギー(熱)を受けています。一方で,地球からもエネ ルギー(熱)を出しています。太陽からやってくる可視光線などの電磁波を太陽放射,地球から出ていく赤外線の電磁波を地球放射といいます。地球全体で,出入りするエネルギー量は同じで,平均気温は一定に保たれています。また,大気中の水蒸気や二酸化炭素などは,地表面から出る赤外線を吸収し温室効果をもたらします。この回では,地球全体の熱収支を理解しましょう。

 

  • アルベド :地球に入ってくる(入射)するエネルギーに対する、反射するエネルギーの割合アルベドの値は、地表面の状態や植生などによって大きく異なる。
  • 地球は、太陽エネルギーの約31%を反射している。宇宙から見て、地球が青白く輝いているのは、反射したこの3割の光のため。
  • 地球のアルベドは0.31ということ。
  • 太陽はさまざまな波長の電磁波を放射している。可視光線、紫外線・赤外線・エックス線など。太陽放射。
  • 電磁波:熱を持っている物質が放出するエネルギー。
  • 太陽光線に垂直な1平方mの平面に受けるエネルギー量は約1370W。これを太陽定数という。太陽定数に地球の断面積をかけると175兆kW。
  • 太陽放射を100とすると、22は雲や大気などが反射している。9は地表面からの反射。22+9=31がアルベド
  • さらに大気や雲に20吸収されている。これで31+20=51。100から引いた残り49が地表面に吸収されている。
  • 地球は宇宙空間に赤外線を放出している……地球放射
  • 地表面が出す赤外線のエネルギー量は、太陽定数より多い。地表面が太陽放射から吸収するエネルギー量の2倍以上。
  • ↑地球から放射した赤外線の多くが大気から戻ってくるため。
  • 太陽放射は日中だけ地表面に当たる。一方、地球放射は昼夜問わず地球から放出されている。
  • 地球全体で、太陽放射と地球放射のエネルギー量は同じ。平均気温約15°Cは一定に保たれる。
  • 入ってくるエネルギーと出ていくエネルギーのバランスが取れた状態:放射平衡
  • 温室効果:大気中の水蒸気や二酸化炭素、メタンなどは、地球から放射される赤外線を吸収し、再びさまざまな方向に放射する性質を持っている。
  • 地表面から宇宙空間へ直接放射される赤外線は12。
  • 大部分の赤外線が、地表面からの放射として大気や雲に102が吸収されてしまう。
  • 対流・伝導・蒸発によるエネルギーの移動は30。
  • 大気から放射されて地表面に戻ってくる赤外線は95。
  • ⇒⇒地球が放射した赤外線102のうち、ほとんどが再び地表面に戻ってくる。
  • もし温室効果がなければ、地球の平均気温は約-­18℃になってしまうと考えられている。地球は、温室効果があるおかげで人間などの生物にとって快適な温度で熱収支が保たれている(温室効果がありすぎるのも問題だが)。

NHK高校講座 | ライブラリー | 地学基礎 | 第28回 第4編 私たちの空と海・地球のこれから 地球の熱収支

3問正解。 

 

【スポンサーリンク】
 

 

高校講座日本史のMC・小日向えり さん、芸能界引退。 ~日本史・世界史・地理 200526火曜 高校講座テレビ

 

火1:日本史

第29回 第4章 近代国家の形成と国民文化の発展 立憲国家を目指して

明治六年の政変で、明治政府は分裂し、政府を去った板垣退助ら土佐・肥前出身の前参議は、大久保利通らの政府を専制的であると批判して、1874(明治7)年1月、民撰議院設立の建白書を左院に提出した。以後、国民の参政権を確立することをめざした自由民権運動は、急速に広まっていった。明治10年代に入ると、運動はそれまで政治に参加していなかった人々にも広がり、全国化していった。運動はどのように発展していったのだろうか。また、政府は運動に対してどのような態度を取ったのだろうか。 立憲国家が成立する生みの苦しみの経過をたどっていく。

 

  • 伊藤博文きらい(←出オチ)
  • 明治政府は旧薩摩藩長州藩出身の人間が中心となって、急速な近代化を推し進めた。一部の人間が実権を握っている政府に対して、士族や農民の反発が強まる。
  • 岩倉具視大久保利通木戸孝允は遣外使節団のメンバーとして、1871年からおよそ2年間、欧米を歴訪。
  • その間、日本で明治政府を支えていたのが、西郷隆盛板垣退助
  • 当時、政府は鎖国中だった朝鮮に西郷を派遣して開国を求めることを、閣議で決定していた。そこへ帰国した大久保や岩倉は、国内の整備が先決と、この案に反対。西郷の朝鮮派遣を覆した。(今は征韓論という言い方はしないのかな)
  • 明治六年の政変:西郷・板垣、政府の要職を辞任。彼らを支持する官僚や軍人も次々と辞職。
  • 西郷隆盛は、専制政府の改革を目指して薩摩の士族らを中心に挙兵し、西南戦争となった。西郷軍は7か月にわたって政府軍に抗戦したが、徴兵制によって編成された軍隊を中心とする政府軍に鎮圧された。武力反抗が不可能であることを知った士族は、これ以後言論による反政府運動を展開していくことになる。
  • 各地に政治的結社(政社)が結成され、これらの全国的な連合組織として、大阪で愛国が創立された。
  • 板垣は政府の姿勢を、「公論」政治を宣言した五か条の誓文に反した専制であると批判。言論によって立憲政治を進めようと土佐に立志社を創立した
  • 1874年、板垣、民撰議院設立の建白書を政府に提出。薩摩藩長州藩の一部の人間が動かしている状態の政府を批判し、国民の選んだ議員による国会の開設を求めた。⇒自由民権運動
  • 1875(明治8)年1月、大久保利通木戸孝允と板垣をまねいて大阪会議を開く。
  • 同年4月、「漸次立憲政体を樹立する」詔勅三権分立の方針にもとづく政治機構の改革をすすめる。
  • 元老院と地方官会議。立法上の諮問機関。
  • 大審院。最高の司法機関。
  • 1875年6月、はげしくなった政府批判に対して、新聞紙条例讒謗律を制定。言論活動に制限を加え、民権運動をきびしく取り締まった。
  • 西南戦争ののち、1878(明治 11)年9月、中断していた愛国社の再興大会が大阪で開かれる。
  • 士族を中心とした民権運動は、商工業者や地租の軽減を求める地主(豪農層)などが参加するようになり、全国的な国民運動に発展していった。
  • 1880(明治13)年3月、国会期成同盟の結成。国会開設を政府にせまる運動。多くの憲法草案。私擬憲法
  • 政府も欧米に対抗するために憲法を制定し、国会を開設する必要性を感じていたが、政府主導を目指した。
  • 板垣を政権に復帰させる。
  • 民権運動の高まりに直面していた政府内でも立憲制の導入をめぐって意見が分かれ、大隈重信は国会の即時開設を主張して、漸進主義をとる伊藤博文と対立。
  • 1881(明治14)年、開拓使官有物払い下げ事件。政府の長官が同じ藩出身の実業家に、国有施設を安価で払い下げるといううわさが新聞のスクープ記事に。このうわさを広めたのが、民権派と手を組んだ大隈だったという情報が政府内に流れた。
  • 明治十四年の政変伊藤博文、大隈を政府から追放。国会開設の勅諭を出して、9年後(1890年)に国会を開くことを国民に約束した
  • 国会開設の勅諭を契機に、政党の結成も盛んになる。
  • 板垣退助を総理とする自由党フランス流の急進的な民主主義を主張
  • 大隈重信を党首とする立憲改進党イギリス流の穏健な議会主義を主張
  • 政府は民権運動にきびしい弾圧を加える一方で、民権派の分裂や懐柔をはかり、福地源一郎らに保守的な立憲帝政党を組織させた。
  • 民権運動の一部が過激化(松方デフレの影響)し、豪農層が運動から離れていき、運動は次第に停滞していった。
  • 1886年大同団結運動民権派の結集。民権運動は活発となり、再び政治熱が盛り上がった。 
  • 1882年、伊藤たちは近代国家の憲法や議会制度の調査のため、ヨーロッパへ。憲法作成の手本にしようと考えた。
  • 宰相ビスマルクのもと強力な君主主義で強国への途を歩んだドイツを視察。グナイストに学ぶ。
  • オーストリアでは当時ウィーン大学の教授だったシュタインに学ぶ。
  • 帰国後1886年ごろから、伊藤は、井上毅、金子堅太郎らとともに、非公開で憲法草案などの作成に着手。並行して、立憲制開始に備える諸改革をすすめた。
  • 1884(明治17)年、華族華族公・侯・伯・子・男の5爵位に分けた。国家に功労のあった人々にも爵位を授与。公選の衆議院に対して、華族中心の貴族院を設ける準備を行った。
  • 1885年、太政官制にかわる内閣制度を創設。初代の内閣総理大臣に伊藤が就任。
  • 1888年、市制・町村制
  • 1890年、府県制・郡制。ドイツ風の地方自治制を導入。

 

  • 小日向えりさん、芸能界を引退されたそうです。おつかれさまでした。

  • 高校講座「日本史」はおそらくあと2年ほどは再放送される‥のかな。

NHK高校講座 | ライブラリー | 日本史 | 第29回 第4章 近代国家の形成と国民文化の発展 立憲国家を目指して

3問正解。

 

 

 

火2:世界史

第29回  ラテンアメリカ諸国の独立

ラテンアメリカでは18世紀末に独立運動が始まった。メキシコでは人々が1810年に立ち上がり、1821年にスペインからの独立を達成した。独立後の重要な政治課題のひとつは、自分たちは誰なのかという「国民アイデンティティー」の確立だった。メキシコでその手がかりとされたのが、16世紀にスペインに滅ぼされたアステカ文明だった。新たな独立の時代を切り拓くために、古い時代がよりどころとなったのだった。

 

  • メキシコ国旗:緑:独立 白:純粋 赤:統一
  • スペインやポルトガルなどヨーロッパ諸国の植民地となったラテンアメリカ。、入植者や先住民インディオ、アフリカから連れてこられた奴隷などが入り交って暮らしていた。
  • 19世紀、メキシコをはじめとしたラテンアメリカには、細かな階級制度が続いていた。少数の裕福な階層と、貧困にあえぐ多くの人々。
  • ペニンスラール:階級の一番上、スペイン本国で生まれたスペイン人
  • クリオーリョ:キシコで生まれた少数のスペイン人。
  • メスティーソ:スペイン人と先住民の混血
  • 先住民や黒人奴隷・・最下層に置かれた。
  • イグナシオ・アジェンデクリオーリョの優秀な軍人。ペニンスラールではないため大佐以上にはなれず、階級社会に不満を持った。スペイン本国からの支配を受けない国を作ろうと考えた
  • そのころのスペイン本国は、ナポレオンに侵攻されていた。
  • アジェンデは、下層階級の先住民たちからも信望のあったミゲル・イダルゴ神父を反乱に引き入れた。
  • 1810年9月、イダルゴ神父、アトトニルコ教会へ。グアダルーペの聖母の旗、メキシコ人の守護聖人。この旗を独立軍のシンボルとした。
  • 首都メキシコシティに向けて進軍。グアナファトでスペイン軍と交戦し、勝利。
  • ⇒⇒スペイン人に過酷な支配を受け続けてきた人々が暴走した。クリオーリョたちにも反逆、虐殺。⇒味方であったクリオーリョたちの多くが独立運動から離脱することに。
  • 反乱は失敗。アジェンデとイダルゴは処刑された
  • 1821年、スペイン本国で自由主義革命が起こる、メキシコは独立。
  • 独立戦争は、少数のエリートたち(クリオーリョなど)が中心となって起こしため、独立後の政治に多くの国民の意思は反映されなかった。
  • サンミゲル・デ・アジェンデ。
  • 独立したものの、メキシコはまとまりに欠けている状態。35年間に大統領が55人も代わるほど内政が混乱した。
  • それに乗じて、テキサスにアメリカから大量の入植者が入り込み、メキシコから独立してテキサス共和国を作ろうした。
  • テキサスの入植者たちはアラモ伝道所に立てこもり、メキシコ軍と衝突。入植者たちは全滅。が、テキサスはメキシコと戦い続け、独立。
  • アメリカ・メキシコ戦争(1846〜1848年)。メキシコはアメリカに敗れる。
  • 1848年、メキシコは、テキサスに加えてカリフォルニア・アリゾナコロラド・モンタナなど、当時の国土の約半分をアメリカに譲り渡すことになった。
  • アメリカにとっては、現在の西部・南部諸州を得たということ。
  • 先住民出身の大統領ニート・ホアレス(共和派)、メキシコの近代化に乗り出す。が、これに保守派が激しく反発し、国内は混乱。
  • 1863年、混乱に乗じたフランス軍メキシコシティを占領。ハプスブルク王家のマクシミリアンメキシコ皇帝として送り込む。
  • 隣国プロイセンとの緊張が高まったため、フランス軍はメキシコから引き上げる。残されたマクシミリアンは共和派に捕らえられ、処刑。
  • マクシミリアン。考古学や芸術に造詣が深く、メキシコ人に共通する文化的基盤として、スペイン征服前の高度な先住民文明に注目した。考古学者や歴史学者たちを集め、古代文明を研究するメキシコ学を推進。
  • マクシミリアンの死後、政府は国民統合のシンボルとして古代アステカを用いる新アステカ主義を打ち出した。 
  • メキシコ政府は新アステカ主義を進める一方、当時の先住民たちの文化は軽んじた。

 

NHK高校講座 | ライブラリー | 世界史 | 第29回 ラテンアメリカ諸国の独立

3問正解。

 

 

火3:地理

第29回 現代世界の地誌的考察 【現代世界の諸地域】編 世界のさまざまな地域を見てみよう ~東南アジア~

東南アジアは、高い気温とモンスーンの雨により水田稲作農業が盛んで、食文化などの面で日本との共通性も高い。民族や宗教・文化の面では、多くの民族が互いの宗教や文化を認め合いながら共存を図ってきた。政治・経済面では、経済成長が著しく、ASEAN域内や国内の格差は残るものの、人々の暮らしは急速に変わりつつある。こうした東南アジアの人々の日々の暮らしに目を向けてみよう。

 

  • 東南アジア。11の国で構成。そのほとんどが熱帯バンコクやマニラなどの都市では、気温は1年中25度以上。夕方、スコールと呼ばれる土砂降りがあると、夜は涼しい。雨季と乾季が見られる地域もあるが、東南アジアには乾燥帯はない
  • 季節風モンスーン。モンスーンは季節により風向が180度変わる。その風の変化とともに雨季と乾季が訪れる。
  • 雨の降る時期に合わせて米を作る灌漑。十分な水が得られれば、年に2回、3回と稲作が可能
  • 東南アジアの多くの人々の主食は日本人と同じ米。栽培される米の種類や米を用いた料理も数多い。収穫量多い。
  • フィリピンのルソン島。標高1500mを超える山の斜面に作られた棚田。
  • インドネシアのバリ島。田植えからおよそ3か月後には収穫できる。バリ島は常夏の島。
  • ベトナム南部のメコン川の河口。世界有数の稲作地帯・メコンデルタ
  • 東南アジアの各地で、農業の近代化が進んでいる。
  • 1960年代半ばに緑の革命が始まる。高収量品種の導入や肥料の投入などにより、多くの国々で米の大幅な増産が達成された
  • さとうきび、天然ゴム、ココやし、あぶらやし、バナナ。
  • アメリカや日本に本社のある多国籍企業が生産や流通に関わり、日本にバナナを輸出している。
  • ベトナムでは、近年コーヒーの栽培が急増。南米のブラジルに次いで世界第2位の生産量。
  • インドシナ半島の各国には仏教徒が多い。タイ族・最初の王国の都、スコータイなど
  • インドネシアやマレーシアにはイスラーム教徒ムスリム。とくにインドネシアは世界最多、2億人あまりがムスリム
  • マレーシアの市場。国民のおよそ6割がムスリム
  • ブルネイの首都、水上都市のバンダルスリブガワン。行き交う船の多くにムスリム
  • フィリピンにはキリスト教徒。16世紀以降、スペインの植民地支配によって広まる。
  • インドから仏教が大陸部や島しょ部に伝わり、その後西アジアからイスラームが島しょ部に伝わった。
  • タイ以外の国々は植民地支配を経験し、多様な民族が協力して独立を勝ち取ってきたという歴史がある。
  • マレーシア。マレー系、中国系、インド系住民などから構成される多民族国家
  • 1960年代の終わり、経済的に豊かな中国系住民とマレー系住民の間で対立が起こった。
  • ⇒政府は、ブミプトラ政策を取り、雇用や教育面でマレー系住民を優遇し、多民族が共存する道を推し進めた。
  • 植民地時代の東南アジアは、宗主国の欧米諸国の富を増やすことを目的に開発されてきた。モノカルチャー経済を押しつけられた東南アジアの国々では、経済発展がなかなか進まなかった。
  • 鉱産資源のスズなど単一の農産物や鉱産物に依存する…モノカルチャー
  • マレーシアの天然ゴムのプランテーション。ゴムノキの樹皮を削り樹液を集める、天然ゴムの原料。薬品を加えて凝固させると生ゴム。
  • 20世紀半ばの独立以降、各国がモノカルチャー経済から抜け出すべく、工業化政策を推し進めた。
  • 1967年インドネシア、マレーシア、シンガポール、フィリピン、タイの5か国東南アジア諸国連合ASEANを結成。次第に加盟国を増やし、東南アジアをまとめる地域連合へと成長した。
  • 1970年代、各国とも輸出加工区を設置。輸出指向型の工業化。
  • いち早く成功したシンガポール。アジアの新興工業経済地域・アジアNIEsの一員に成長。
  • 続いてマレーシアとタイでも工業化が進んだ。
  • ベトナムは1980年代後半以降、外資導入による工業化を進めた。ドイモイ(刷新)と呼ばれる市場開放政策
  • 国内総生産の成長率では、東南アジアの多くの国が5%前後で推移している。
  • 国民全体の中位年齢は、日本が40代後半なのに対し、ほとんどが20~30代と若い。
  • ASEAN域内に生じた格差。内戦が続いたカンボジアは、経済発展から取り残されていた。
  • カンボジア、1999年ASEANに加盟。隣国・タイとの物流が一気に活発に。
  • ASEAN自由貿易地域(AFTA)ASEAN経済共同体(AEC)の発足。域内の関税の撤廃が進んだ。
  • ラオスミャンマーなどにも工業や社会基盤分野への海外からの投資が増大している。

NHK高校講座 | ライブラリー | 地理 | 第29回 現代世界の地誌的考察 【現代世界の諸地域】編 世界のさまざまな地域を見てみよう 〜東南アジア〜

3問正解。

 

【スポンサーリンク】