母Mと息子Sの学習キロク

母Mと息子Sの学習キロク

「理解度チェック」の下に感想やレビューも書いています。キーワード:NHK語学 ラジオ第2 Eテレ ゴガク NHK高校講座 放送大学 スタディサプリ Studyplus 東京外大モジュール くもん 学研 etc.

【スポンサーリンク】

「ミライのしごとーく」が始まりましたが 191205木曜深夜 アクティブ10

「ミライのしごとーく」は省略。

先週で「プロのプロセス」は終了、今週から「ミライのしごとーく」が始まりました。カズレーザーさんがナビゲーターをつとめます。職業選択についての啓蒙番組。

ラジオ講座の「仕事の現場Real」とつながっている感じかな

 

この新番組については視聴・記事ともに省略します。大事なテーマではあるんですけどね。

www.nhk.or.jp

 

10分時間が空いてしまうので、現在テレビ放映されていませんが、web視聴可能な「ロンリのちから」を代わりに毎週1本ずつ消化していこうと思います。第3回まで見たところで中断していたので、第4回から。

 

アクティブ10 理科

第11回 酸化と還元

  • 鉄道レールの溶接。鉄ではなく、酸化鉄とある物質を混ぜたものを使うのはなぜ?という問い。⇒溶接法は何種類かありますが、映像協力がJRだったので「テルミット溶接」らしいです。金属アルミニウムで金属酸化物を還元する方法。
  • ということで、酸化鉄とアルミニウム、ですかね
  • ‟金属酸化物と金属アルミニウムとの粉末混合物に着火すると、アルミニウムは金属酸化物を還元しながら高温を発生する。この還元性と高熱により目的の金属融塊は下部に沈降し、純粋な金属が得られる。また、この方法は炭素燃料を使用しないため、生成金属に炭素が含まれないという特徴もある。” *1
  • 探究のかぎ | ACTIVE10 アクティブ10 理科|NHK for School

  • アイロンの掛け方の部分、へぇー
  • 関連:化学基礎 

    NHK高校講座 | 化学基礎 | 第33回 酸化・還元

      

燃焼の不思議を解明するため、手がかりとなる決まりを探し、根拠のある仮説を立てよう。最後は見つけた手がかりで新たな謎に挑戦。「見方・考え方」は「多面的考察」。 

探究のかぎ | ACTIVE10 アクティブ10 理科|NHK for School

 

【スポンサーリンク】
 

 

ロンリのちから

第4回 接続表現・ことばをつなぐ

  •  「接続詞」を改めて考える回。
  • 第2回・第3回のほうが難しかった気がする。
  • 「しかも」と聞いて、クレアラシルのCMを思い出せた人は私とほぼ同世代のはず。

 

中学、高校。そして大学、社会人になっても求められる論理的思考力(クリティカル・シンキング)を養う番組です。第4回は、ことばとことばをつなぐ「接続表現」について学びます。 

 

アクティブ10 公民

第11回 公正な裁判とは?

  • 「公民」としては裁判員制度の説明に時間を割くほうが有意義なんでしょうけど、中学・高校の時点でもっと基本の「法学」「民法」「刑法」あたりを学習するほうがいいと思うんですよ

 

2009年に始まった裁判員制度の仕組みや冤罪事件を取り上げ、自白や目撃証言のあいまいさ、事実認定の難しさ、量刑判断の重みなどを考える。

  •  

淡く綺麗な青の染料・パステル。 ~旅するフランス語 191205木曜夜~191206 語学講座テレビ

おもてなしの基礎英語

Session132

  • 外国人観光客のためにメイドカフェメイドさんたちも英語を話せるようにならなきゃいけない時代。
  • メイドさん専用英語テキスト」。地味にほしいな、これ。
  • 〇〇 is/are/am forever 17 years old.   便利な表現! ぜひ使ってね♡
  • メイドさんが通う英会話教室が存在しているらしい。続きは来週。

 

 

知りたガールと学ボーイ

SCENE33 ミキの“おもてなしJAPAN” ~日本の遊び編~

 今回は、増え続ける外国人のみなさんに日本をもっと楽しんでもらおうという特別企画「おもてなしJAPAN!英語で日本の文化を伝えよう」の第3弾!テーマは日本の遊び。ミキ昴生亜生が、外国人観光客のみなさんに「けん玉」「将棋くずし」「二人羽織」を教える。キーフレーズは励ますフレーズ。「気にしないで」と「その調子だよ」。 

 

  • Don't worry about it.    日本語的感覚だと「こんな代名詞わざわざつけなくてもいいじゃん」って思いそうになるけどたぶん重要なんですよね、it。
  • 将棋崩しのような単純な遊びは万国共通でうけるんでしょうね
  • 二人羽織の発想って他国にはないんか
  • The Last Kinpachi

 

Don’t worry about it.

気にしないで

 

You’re doing great.

その調子だよ

 

【スポンサーリンク】
 

旅するフランス語

Leçon 10  青の魔法 パステ

  • 伝統の染め物に挑戦。
  • 青い染料。パステル。虫よけ効果もあるから家の窓枠にもよく塗られていた。
  • パステルはインディゴが登場・普及する16世紀末まで唯一の青い染料だった植物。
  • 藍色の染料に用いられるアブラナ科のホソバタイセイ(細葉大青)の生産地での呼称が、パステル。
  • パステル」っていうとパステルカラー(淡い色づかい)と混同してしまうけど、元々は「青」の染料なんですね。
  • 栽培して1年目に葉から青色の顔料を取ることができる。
  • 2年目に種からオイルを取ることができる。パステル・ブルーのローションや石鹸も作れる
  • 日本でベニバナから染料を作ったり、油を採ったり、っていうのと似た感じでしょうか
  • ティノさん結婚してたんかーい! お子さんがもうすぐ生まれるそうです。ベビー服をパステル染め。⇒番組収録後、無事誕生。かわいい。
  • とらばーゆ」ってtravaillerだったのか

 

Je vais essayer ça.

それを試してみます。

 

こちらが壁をドンしているとき、壁もまたこちらをドンしているのだ。 ~物理基礎 191206金曜 高校講座テレビ

 

人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】

金1:化学基礎

第10回  元素の周期表

  • 高校(普通科)の同級生にやたら無機化学の分野について最初から知識が半端ない子がいたのですが、なんでそんなに各元素の性質に詳しいのか聞いてみたら、「工業高校に通っていた年の離れたお兄さんが危険物や毒物劇物に関する資格の勉強をしていたので、その様子を覗き見しているうちに覚えたんだよー」ということでした。化学の参考書などよりもそういった資格本のほうがわかりやすいということもあるのかもしれません。
  • 物質は、電子を通す「導体」と電子を通さない「絶縁体」、そしてある条件によって電子を通す「半導体」に分かれる。
  • 半導体温度変化照射、不純物の添加により電気抵抗率が大きく変化する⇒電流を一方向にのみ流すダイオードや、電気信号を増幅したり電気信号の流れを高速でON/OFFにするトランジスタなどの電子部品としてよく使われる。
  • ハロゲンのフッ素、塩素、臭素などは、金属と反応して「」を生成するという性質がある。

 

1869年、ロシアの科学者メンデレーエフによって作られた周期表にはいくつかの空欄があり、未発見の元素が予測されました。この空欄は19世紀以降、新しい元素が発見され、次々と埋められてきました。元素の周期表が現在の形になるまでに、どれだけ多くの科学者たちが研究してきたのでしょうか。化学の歴史の結晶であるだけでなく、これからも進化し続ける周期表のことを学んでいきましょう。

NHK高校講座 | ライブラリー | 化学基礎 | 第10回 元素の周期表

3問正解。 

 

金2:物理基礎

第10回 第1編 物体の運動とエネルギー 作用があれば 反作用 ~作用・反作用の法則~

  • 壁ドン:「こちらが壁をドンしているとき、壁もまたこちらをドンしているのだ。」というおはなし。
  •  力が1つの物体にはたらいているのが「力のつりあい」で、力が2つの物体にはたらくのが「作用・反作用」の関係。

  • ドラマ部のストーリーって一応続き物になっているのね

 

ボートに乗って、オールで水を後ろ向きにかくと、ボートは前に進み出します。後ろ向きに力を加えたのに、なぜ前向きに進むのでしょうか。それは、水を押すとき、水が押し返す力が生じるためです。「水を押す力」と「水が押し返す力」のように、力がはたらくときには、必ず2つの力がペアで現れます。 これらの力の向きや大きさにはどのような関係があるでしょうか。「作用・反作用の法則」を学びながら、考えていきます。

NHK高校講座 | ライブラリー | 物理基礎 | 第10回 第1編 物体の運動とエネルギー 作用があれば 反作用 〜作用・反作用の法則〜

3問正解。

 

 

金3:地学基礎

第10回 第2編 私たちの地球の変遷と生物の変化 地層の形成

  • 宇宙規模のはなしは一旦前回で終わり、今回からはより「地学」っぽくなるようです。地学は本当に毎回「初めて聞いたわー」という言葉のオンパレード。
  • 茨城県日立市の自然公園で発見された日本で最も古い地層は約5億年前。
  • 風化・侵食によって、れきなどの砕屑物になる。
  • 砕屑物は川を流れる水によって海に運搬され、海の底に堆積して地層となる。
  • 地層の一つ一つの しまのことを単層といい、厚さ1cm以上のものを層理(そうり)、1㎝未満のものを葉理(ようり)と呼ぶこともあります。
  • 単層と単層の境目を層理面という。
  • 岩石や地層が地表に露出しているところを露頭という。
  • れきや砂などが比較的短い時間に堆積したことを示す:級化層理
  • 粒の大きいれきはほぼ同じ向きに傾いている、強い水の流れがあったことを示す:インブリケーション
  • 波打っている層理面、水の流れが砂の表面に作り出した模様:漣痕(れんこん)or リップルマーク
  • 単層の中の細かいしま模様、水の流れを示す堆積構造:斜交葉理(しゃこうようり)or クロスラミナ
  • 火山が噴火した時に噴出した火山灰や火山岩の破片などの火山噴出物が集積して岩石になったものを、火山砕屑岩という。
  • 凝灰岩
  • 石灰岩貝やサンゴなどが死んだあとそのなどが堆積したもの。
  • チャート放散虫などの殻が堆積。含まれる不純物によって色が異なる。例)酸化鉄なら赤、炭素なら黒。
  • 放散虫:大きさ0.1mm程度で海に浮遊している海洋プランクトン
  • 放散虫の殻は二酸化ケイ素が主成分(ガラス成分)
  • チャートは、やじりなどの石器としても使われていた。

地球の歴史は,地層を読み取ることでわかってきました。地層を読み取るためには、地層や岩石の種類と特徴を学習するとともに,その観察方法を学ぶことも大切です。地層は一見すると無表情で何も語っていないようですが,その性質と観察方法を理解すると,これまでの地球の歴史のさまざまな情報を引き出すことができるのです。

NHK高校講座 | ライブラリー | 地学基礎 | 第10回 第2編 私たちの地球の変遷と生物の変化 地層の形成

3問正解。 

 

【スポンサーリンク】